社宅を購入すると|経営者と従業員どちらもメリットがあります

仕事場を簡単に借りる

パソコン

自社ビルか賃貸オフィスを利用することで仕事場を確保できます。どちらもメリットはありますが最近では賃貸オフィスを利用する会社が多くなってきています。不動産会社で手続きが可能で、わからないことがあれば親切に教えてくれます。

More Detail

賃貸よりも安いオフィス

スーツの男女

レンタルオフィスであれば賃貸オフィスよりも安い金額で仕事場を確保できます。最低限の設備が整っているので、こちらが事務用品などを購入する必要がありません。導入するときは下見をしてからが良いでしょう。

More Detail

会議室をレンタルする

ミーティング

起業し始めた頃はたくさんのお金を確保できていない状況が多いため、会議室をもっていないことが多いです。そのようなときは貸し会議室を利用すると便利です。必要なときだけ利用でき、無駄な出費を最低限に抑えられます。

More Detail

会社の住宅を購入する

アパート

東京で会社を経営するためには従業員が必要になります。従業員がいてくれるおかげで経営がうまくいくので、なるべく辞めさせないような工夫をしつつ良い人材を確保しなければなりません。そのためには充実した福利厚生が必要になります。福利厚生の種類はさまざまで小さいものから大きいものまでさまざまで、最近では家賃補助をする企業も多くなっています。更に、社宅を購入したり借りたりすることで、従業員の満足度を上げる企業もあります。社宅は普通の部屋に住むよりも安い家賃で住めますし、会社から近いことで通勤時間や交通費の節約にもなります。また、社宅は寮と違って家族で住めるため、結婚している人でも安心して利用できます。社宅は福利厚生という意味で使用できますが、転勤が必要になるような大きな企業であれば、転勤先の部屋としても使えます。社宅がなければ転勤する人のために毎回住む場所を確保しなければならないため不便です。

東京の社宅は不動産会社に依頼して購入したり借りたりできます。法人向けの割引サービスなどがある不動産会社を利用することで、通常よりも安い料金で社宅を購入できます。サービスの種類や質などは不動産会社によって大きく変わるため、事前に問い合わせて調べておくと良いでしょう。問い合わせ方は業者によって変わりメールや電話で受付けていることがほとんどです。メールであれば業務で忙しくて決まった時間がとれなくても、後日返信をしてもらうことで問い合わせができます。